コットンリリーフコラム

大切なタオルをいつまでも。上手なお手入れ基礎知識

ちゃんと洗ってますか? タオルケットの洗濯頻度と洗い方

寝苦しい夏の夜、お昼寝のときや肌寒いときになども活躍してくれるタオルケットですが、どのくらいの頻度で洗濯しているでしょうか? 洗濯していないタオルケットは雑菌の温床になっており、肌トラブルを招くことも。タオルケットはこまめに洗濯しましょう。

タオルケットは雑菌、ダニの温床になっている!?

タオルケットは、ソフトな肌触りと優れた吸湿性を持つことから、汗をかく夏には特に手放せない方は多いはずです。中には、一年中タオルケットがないと眠れない、という方もいらっしゃるのでは?

しかし、吸湿性良く汗もたっぷり吸収してくれるタオルケットだからこそ、雑菌の温床になりやすいのも事実。雑菌が繁殖したタオルケットを顔からかけていることで、ニキビの原因にもなります。

また、繊維にダニが引っ掛かり易いことから、ダニ、ダニの死骸、ダニの糞なども払い落しにくいのが特徴。
ダニの糞はアレルギーを引き起こすリスクが報告されており、アトピー性皮膚炎、喘息症の咳、花粉症などの鼻炎、目のかゆみなどを引き起こします。小児に多いアトピー性皮膚炎や喘息の原因のひとつにダニがあげられます。
ダニは温度20~30℃、湿度60~75%でエサとなるフケや垢がたくさん付着した布団が大好き。アレルギーを引き起こさないよう、タオルケットはこまめに洗濯する必要があります。

タオルケットの洗い方

1.まずは自宅で洗えるものか確認。洗濯表示をチェックし、水洗い可能なもの以外はクリーニングで洗ってもらうようにしましょう。「洗濯機マーク」のみの場合は「大物コース」や「毛布コース」などを選択、「洗濯機マーク+弱水流マーク」か「手洗いマーク」が付いている場合は「ドライコース」か「手洗いコース」を選択しましょう。
2.シミ汚れがある場合は、シミの部分に洗剤を塗って軽く叩いておきます。
3.タオルケットを軽く畳みます。素材によっては生地が傷むことがあるため、洗濯ネットに入れておきましょう。
4.洗濯機のコースを選びます。
5.洗濯機に水をためてから、表示されている量の洗濯洗剤を入れて溶かし、タオルケットを入れます。柔軟剤や漂白剤は、肌に触れるものなのであまりおすすめできません。
6.脱水まで終わらせて、完了です。

タオルケットの干し方

タオルケットを干す際には、風に当たる面積を広くとることがポイント。

タオルケットはタオルが大きくなっただけのものなので、タオルと同じように干してかまわないのですが、濡れている状態で通常通り干すと重くなり、繊維が切れてしまうのであまりよくありません。おすすめの干し方は、「M字干し」と「A字干し」です。

「M字干し」とは、2本のさおを使って、M字になるように干す方法です。重みや厚みのある大物類でも乾きやすくなります。
「A字干し」は、さおに数本ハンガーをかけ、そこに覆いかぶせるようにしてタオルケットを干す方法。通常のさお干しよりも空気が通りやすいので、乾きやすくなります。

シーツやまくらカバーは頻繁に洗うのに、タオルケットは見落としがちな方は多いでしょう。正しい洗濯方法でこまめに洗い、清潔に保ってください。