コットンリリーフコラム

大切なタオルをいつまでも。上手なお手入れ基礎知識

雑菌が増えてる!?バスタオルの洗濯頻度と交換時期とは?

お風呂上りに使うバスタオルは、清潔なものを使いたいですよね。しかし、実際にどのくらいの頻度で洗濯や交換をすれば、衛生的なのか分からないという方も多いのではないでしょうか。今回は、バスタオルの洗濯頻度と交換時期についてご説明します。

バスタオルを洗わないとどうなるの?

バスタオルは身体を洗った後に使うものだから、使用後も綺麗だろうと考える人もいらっしゃるようです。しかし、お風呂上りに使ったバスタオルは、お風呂のお湯やシャワーの水分だけではなく、身体から出た汗なども吸い取っているため、使用前と同じように綺麗ということはありません。むしろ、使ったバスタオルはそのままにしておくと、1日で約1000万個、3日で約8000万個も細菌が増えてしまう恐れがあると言われています。

このような状態のタオルを使い続けると、アレルギー体質で肌の弱い人や赤ちゃんなどで傷口がある場合は、細菌に触れることで化膿してしまうケースも考えられるでしょう。ただし、一度使ったバスタオルは健康な大人が再度使用しても、健康に大きな影響が出る心配は無いと言われています。

バスタオルの洗濯頻度はどのくらい?

バスタオルの洗濯頻度は、一般的にどのくらいなのでしょうか。
アットホーム株式会社が行った調査によると、子どものいる家庭では、約50%以上の人が毎日洗濯をしていることが分かりました。週に1回未満という人も20%ほどいるようです。夫婦世帯の場合は、約45%が毎日洗濯をしており、週1回未満は約20%。一人暮らしの人では、毎日洗う人の割合は30%ほどに下がり、反対に週に1回未満という人は、約40%にも上ります。

このように、一人暮らし世帯よりも家族暮らし世帯の方が、洗濯頻度が高い傾向にあります。家族の形態によっても、バスタオルの洗濯頻度は変わるようです。

理想的なバスタオルの洗濯頻度と交換時期とは

雑菌の増加を避けるためには、バスタオルは毎日洗うことが理想的です。しかし、ご家庭にあるバスタオルの枚数や洗濯機の容量、洗濯の手間などを考えると、毎日洗うことが難しいという場合もあるでしょう。そのような場合は、2日に1回程度のペースを目安に洗濯することをおすすめします。

また、バスタオルは洗濯や使用を繰り返すうちに、次第に繊維が傷んでいきます。そのため、同じバスタオルを使用し続けると、吸水性が劣ってくるとともに、肌触りもごわごわになっていきます。使用頻度や洗い方などにもよりますが、パイルが飛び出してきたり、糸切れが目立ってきた場合には、交換することを検討すると良いでしょう。

一度使ったバスタオルは、濡れたまま放置をしておくと、雑菌が繁殖してしまいます。1度使ったタオルは風通しの良いところで干すようにしてください。家庭ごとに洗濯事情は違いますが、バスタオルはなるべくこまめに洗濯し、傷んだものは新しいものと交換し、清潔に保つようにしたいものですね。