コットンリリーフコラム

大切なタオルをいつまでも。上手なお手入れ基礎知識

不快な室内干し改善策! 今日から出来る3つのコツ


花粉が舞う季節や梅雨の季節は、室内干しをする機会が増えてきます。また、仕事で帰宅時間が不定期な方などは、季節に関係なく、1年中ほとんど室内干しということもあるようです。しかし、室内干しは洗濯物が臭くなりやすいもの。せっかく洗濯したのに洋服が臭ってしまうと悩んでいる方もいらっしゃるでしょう。今回は室内干しをすると臭ってしまう原因と改善策についてご説明します。

室内干しするとなぜ臭くなってしまうの?

洗濯物が濡れた状態が長時間続くと、雑菌が繁殖しやすくなります。そして、室内干しは洗濯物がなかなか乾きづらいですし、日光消毒による殺菌効果もあまり期待できないことから、雑菌が繁殖しやすいのです。

室内干しをすると嫌な臭いがするのは、雑菌の繁殖によって臭いを発生する中鎖アルデヒドやケトンや硫黄化合物、脂肪酸などといった物質が形成されるためです。この物質は衣類に付いた微生物が原因で発生すると言われていましたが、中でも「モラクセラ菌」という微生物が特に臭いを発生させていることを、2011年に花王株式会社が正式発表しました。

この臭いは一度付いてしまうと、なかなか取れません。洗濯物が乾いたときに臭いを感じなくなったと思っても、タオルなどを使用したときに水分が付くと、再び臭うことがあります。

室内干しをするのに最適な部屋の環境とは?

室内干しをするときは、雑菌を繁殖させにくくなるよう、洗濯物を乾きやすい環境を作ることが大切です。特に梅雨の時期は部屋干しをすると、元々高かった部屋の湿度がさらに上がるため、普段以上にカビやダニが発生しやすい環境になってしまいます。そのため、部屋の湿度を下げ、空気の循環を良くすることが大切です。
梅雨の時期など湿度が高い日は、エアコンのドライ機能や除湿器を利用し、湿度を下げるようにしておきましょう。窓は開けずに、換気扇をつけて風通しをよくすることをおすすめします。

部屋干しで嫌な臭いを防ぐ3つのコツ

室内干しをする場合、洗濯物の臭いを防ぐためには、早く乾かすような工夫をすることが大切です。

1.水分を蒸発させやすくする

衣類の温度を上げると水分が蒸発しやすくなるので、すすぎの際に30℃ほどのぬるま湯を使いましょう。このとき、お風呂の残り湯を使いたくなりますが、残り湯には雑菌が含まれているため、洗いをするときに使っても、すすぎには使用しないようにしてください。また、30分だけでも乾燥機にかけると、水分が蒸発しやすくなります。

2.表面積を大きくした状態で干す

部屋干しをするときには、できるだけ洗濯物同士がくっつかないように隙間を空け、表面積を大きくした状態で干しましょう。洗濯物は外側に長い物、内側に短い物として干すと、洗濯物がまんべんなく空気に触れるため、乾きやすくなります。スカートやズボンのポケットは、裏返して内側の生地を出すようにしてください。
また、室内干しで隙間を開けて干せる量には限度がありますので、一度に洗う洗濯物の量を減らす工夫をすることも大切です。

3.風をあてる

エアコンや扇風機、サーキュレーターの風を直接洗濯物に当てると、水分が飛びやすくなります。扇風機は首振り機能を使うと、洗濯物全体に風が当たりやすくなるでしょう。サーキュレーターは下から風を当てられるため、物干しに長い物を干しているときは特に効果的です。

それでも室内干しの臭いが気になる……という方は、「煮沸消毒」で徹底的に殺菌することをおすすめします。
→臭いがしたら煮沸消毒を! 変色してしまったタオルの対処法

せっかく洗ったものが臭ってしまっては、とても残念ですよね。室内干しでも、今回ご紹介したポイントを押さえれば、洗濯物が臭くなるのを防ぐことができます。室内でも上手に洗濯物を干して、心地良く暮らしましょう。