コットンリリーフコラム

大切なタオルをいつまでも。上手なお手入れ基礎知識

臭いがしたら煮沸消毒を! 変色してしまったタオルの対処法

タオルを何回も使っているうちに、ピンク色に変色しまったという経験はありませんか? このように変色してしまったタオルは、「煮沸消毒」することで元の色に戻すことができます。今回は、タオルの変色の原因や「煮沸消毒」のやり方についてご紹介しましょう。

気が付いたらタオルがピンク色に……

タオルを濡れたままの状態で置いておくと、ピンク色に変色してしまうことがありますが、これは、空気中にある酵母菌が繁殖してしまうことが原因です。酵母菌は湿った場所で繁殖しやすいので、タオルは使ったら濡れたまま放置をせず、洗濯機で洗うようにしましょう。
洗濯が終わった後も、洗濯機の中で放置することなどは避け、すぐに干すようにしてください。汚れの有無に関わらず、濡れているだけでも、酵母菌などの雑菌は繁殖してしまうことがあります。

また、洗濯の際にタオルの汚れが充分に落ちなかった場合も、変色することがあります。洗剤は適量を入れているか、洗濯機の洗いやすすぎの時間設定を短縮し過ぎていないかなど、洗濯の仕方を見直してみましょう。頑固な汚れが付着した場合は下洗いをしてから洗濯機に入れるなど、汚れが落ちやすくなる工夫をすることをおすすめします。

タオルの変色は、洗濯だけでは元に戻らない! 煮沸消毒という方法

タオルに着いた酵母菌などの雑菌は、通常の洗濯方法では消すことができません。しかし、タオルに雑菌が蓄積していくと、さらに変色が進行してしまいますし、異臭が発生することにも繋がります。

変色してしまったタオルを元に戻すために有効なのが、鍋で煮沸する「煮沸消毒」。用意するものは、ステンレスかホーローの鍋と、トングだけです。

また、煮沸消毒をする前に、以下のことに注意をしましょう。

  • 色移りを避けるため、白いタオルと色のついたタオルは分けるようにしましょう。
  • タオルの素材が限られているので注意してください。綿や麻のタオルは煮沸できますが、化学繊維のタオルは煮沸するのには不向きです。
  • 煮沸消毒では熱湯を扱います。小さなお子さまが傍にいるときは危険ですので、避けるようにしましょう。

煮沸消毒の手順は、以下の通りです。

  1. 鍋に1L程度のお湯を沸かします。
  2. タオルを入れて弱火にし、20~30分煮込みます。
  3. 水分を吸ったタオルは重くなりますので、トングで取り出して、水ですすぎます。
  4. 洗濯機で、「すすぎ」と「脱水」をして、干します。

鍋に残った洗剤液の色を見ると、思った以上に汚れが付いていたことがわかり、驚いてしまうかもしれません。

酵母菌などの菌が繁殖したタオルを使用することは、衛生的に良くありません。ピンク色に変色してしまったタオルがご家庭にあるという方は、ぜひ煮沸消毒を試してみてください。煮沸消毒でも変色が戻らないという場合や、自宅で煮沸消毒を行うことが難しい場合は、タオルを買い替えることを検討しましょう。